電力は選ぶ時代に|家中で使用できるセントラル浄水器|一家に一台必要なアイテム

家中で使用できるセントラル浄水器|一家に一台必要なアイテム

作業員

電力は選ぶ時代に

コンセント

一般家庭でも利用可能に

ここ最近、マスコミをにぎわしている言葉の1つに、新電力というものがあります。新電力とは、既存の大手電力会社(「地域名」プラス「電力」という社名を持つのが一般的)以外の、事業規模の比較的小さな電気事業者のことをいいます。こうした事業者は以前から企業活動を行っていましたが、2016年3月までは利用できるのが工場などの特定の施設に限られていました。しかし同年4月以降は完全自由化され、一般家庭や個人商店でも利用が可能になりました。現在、登録されている新電力事業者は800社を越えています。そのすべてが一般家庭と契約できるわけではないので注意が必要ですが、消費者にとってエネルギー供給の選択肢が大幅に増えたことは間違いありません。

毎月の支払額を低くできる

新電力を利用する方法としては、電気事業者と直接契約するか、代理店を通して契約するかのいずれかとなります。電気事業者については、インターネットの検索サイトなどで探し出すことができます。資源エネルギー庁のホームページでも一覧を公開しています。一方、代理店には代理業務を専門に行っているところもあれば、電気工事業者などが兼務しているところもあります。契約手続きと同時に、導入に必要な設備工事も手配してくれます。設備工事といっても新築の場合を除いてはそれほど手間はかからず、基本的にはメーターの設置だけですぐに供給開始となります。新電力は事業者ごとにさまざま料金プランが設定されており、消費量次第では月々の電気料金を従来よりも安くすることが可能です。大手会社にはない、自由度の高いプランが特徴となっています。